村の鍛冶屋公認オリジナルキャンプTシャツ | hidas leiri

2021/09/11 20:00

村の鍛冶屋公認オリジナルキャンプTシャツ

キャンプと言えばまずはテントの設営ですよね。
そこで使うのがペグとハンマー。
キャンプでイメージするテントやタープと並んで、キャンプのイメージが強いアイテムだと思いませんか?

そんなキャンプのイメージが強いアイテムをTシャツに飾れば「どれだけキャンプが好きなんだよ!」って突っ込まれるぐらい、キャンプ愛が伝わってくるはず。

しかし、キャンプで使うペグやハンマーって種類が多いですよね。頭の中で思い浮かべてみると、その中でもメーカーは絞られてくるはず。
普段使っている鍛造ペグはどこのもの?ハンマーはどこのメーカーの物を使っている?・・・と。

でも個人でTシャツに印刷して使うなら別ですが、そのイメージしたペグやハンマーを勝手にデザインして販売してはダメですよね。
どこかで見覚えのあるハンマー、アウトドアショップで売っていたペグは、それぞれメーカーさんが自信を持って販売されている商品ですもん。

僕の中では、鍛造ペグは村の鍛冶屋さんのエリゼステーク、ペグハンマーも同じく村の鍛冶屋さんのエリゼステークアルティメットハンマーを実際に使っているし、頭の中でまず思い浮かべるものでした。

村の鍛冶屋公認


そこで、しっかりと許可をいただいてから、Tシャツにデザインしようと決めました。
村の鍛冶屋さんに連絡を取り、Tシャツのデザインに使わせていただきたい旨を相談し、「いいよ〜」と快く許可をいただくことができました。
村の鍛冶屋さんがオリジナルで販売するものではないので、ここでは「村の鍛冶屋公認」という形をとり、オリジナルデザインのキャンプTシャツを販売させていただくことになったんです。

なので、デザインも僕オリジナル。使用しているペグとハンマーだけ実際にある物を使用させていただいたものです。

エリッゼステークアルティメットハンマーのデザイン



エリッゼステークアルティメットハンマーをデザインするのにあたり、商品説明でよくある真横から見たヘッドと柄の全体が見えるものはやめようと思いました。

ハンマーなので動きがあったほうが絶対いい。それで思いついたのが普段ハンマーを使っている時には自分からは見ることができない視点からもの。それでいて動きがあった方が躍動感や迫力を感じられるのではないか・・・です。

ハンマーを振り下ろしている感じにぼかし加工を入れ、少しリアルになりすぎた雰囲気をマンガ調の効果を加えることにより、少し和らげています。

さらに注目は柄に描かれたあっちゃんのアイコン。ちょっと気が抜けていい感じだと思いませんか?

そしてハンマーが打ち込むのは、このBASEのネットショップ名の「hidas leiri」

あまり打ち込まれすぎないように、頑張っていきたいと思います。

エリッゼステークのデザイン


エリッゼステークは、多種多様なカラーバリエーションがあるという事でも人気が高い鍛造ペグだと思います。
そのカラーバリエーションはカチオン電着塗装によって色付けされていますが、色の発色が良くなる反面、塗装がちょっと厚めに塗られてるように思えました。

メッキ塗装のブロンズでは、塗装が厚くなく、ちょっとシャープな印象をもったんです。
その為、Tシャツのデザインに使うペグはシャープなブロンズを元に、ちょっと使い込んで荒々しい感じがでるようにしました。
しかしTシャツに採用しているのはブロンズではなく、赤や黒や水色です。

それらはブロンズのペグに加工をし、表面の傷などをよりリアルに表現できるようにしました。
そしてペグに打ち込まれるのは、またしても「hidas leiri」の名前。
すでにポキっと折れちゃった「hidas leiri」の文字は、なんとなくコミカル。

シンプルながら、アピール度は抜群!!

村の鍛冶屋公認なので、堂々と着ることができる、オリジナルキャンプTシャツ。

これを着てキャンプ愛を常にアピールしてみませんか?